鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
ジャッカル×鯛カブラ.comコラボ/ビンビン玉ハイアピールバージョン
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラ、鯛ラバのブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ船の案内
ホーム > ジャッカル×鯛カブラ.comコラボ/ビンビン玉ハイアピールバージョン > ラインアップ、カラー名発表
鯛カブラ、鯛ラバ動画のコンテンツ
2/14公開
コラボカラーの誕生
2/21公開
ヘッドカラーの提案
2/28公開
ヘッドカラー試作サンプル
3/7公開
ネクタイ・スカートカラーの提案
3/14公開
ネクタイ・スカートカラー試作サンプル
3/21公開
ラインアップ、カラー名発表
ラインアップ、カラー名発表
さて、いよいよこのコラボ企画も最終回になりました。

みなさん、本当に待ち遠しかったと思います。

約2ヶ月にわたる打ち合わせ、試作を繰り返し完成までにとても膨大な時間を費やしました。

そのカラーラインアップには、私の強いこだわりとそれに応えていただいたジャッカルの「思い」が凝縮され、みなさんに今まで以上の釣果を約束できるものと確信し、絶対的な自信を持っておすすめすることができるスペシャルカラーです。

では、それぞれのカラーのカラー名とそのカラーについてのこだわりや、使うシチュエーションを詳しく説明いたします。


■レッドゴールド


<カラーの説明>
ヘッドに真鯛の定番カラーであるレッドゴールド(赤金)を採用。

母体であるゴールドのホロを最大限に生かして赤の塗装する範囲を決めました。

また、赤にもとことんこだわり、パールの入った塗料を使って、ゴールドホロとの明暗と全体のアピール力を高めました。

これに、赤、ゴールド、艶色オレンジを絶妙に組み合わせたスカートを装着し、ネクタイは人気の高い艶色オレンジを採用。

非常にアピール力をもつカラーとなりました。


<使用する状況>
濁りが入っている状況や、日が昇った状態で薄暗い「曇り」の状況でそのポテンシャルを発揮するカラーとなります。

また、ポイントに着いてすぐのサーチカラーとしても有効です。

豊富なカラーラインナップから1つだけを選ぶとすれば「レッドゴールド」と断言できる絶対に外せないカラーです。

また、このヘッドカラーはダイナマイト明石+レッドネクタイを組み合わせた「松本レッド」としてお使いいただくと、イワシがベイトの状況で非常に良い釣果をもたらします。

また、ネクタイをイカナゴールドにチェンジすれば、イカナゴがベイトの時に非常に良い釣果をもたらします。


■グリーンゴールド


<カラーの説明>
ヘッドはレッドゴールド(赤金)とともに真鯛のスタンダードカラーである、グリーン×金の組み合わせ。

レッドゴールド同様、ゴールドホロを最大限に生かした塗装範囲とし鮮やか且つメタルチックなグリーンを塗装しています。

このカラーをラインアップに加えるにあたり、参考にした釣行は岡山でのミミイカパターン。

瀬戸内では夏頃に「ミミイカ」や「アオリイカの子供」、九州でも春に「子イカ」が真鯛の主食となることから、これらがベイトの時に有効なカラーを制作しました。

スカートには蛍ムラ、チャート、ゴールドを配色。

ネクタイにはイカグローを採用しました。


<使用する状況>
上記でも述べましたが、ベイトがイカの時に使用します。

光量が多い状況や浅いエリアではネクタイを蛍ムラにチェンジするとさらに良いでしょう。

また、濁りが強い時やローライトな状況、イカナゴがベイトの時にはネクタイをイカナゴールドやチャートにすると良い結果が得られると思います。


■オレンジシュリンプ


<カラーの説明>
今回、一番こだわったカラー。

試作段階でもかなりの時間を割きました。

試作段階で考えていたのは、エビを意識し且つアピールするカラー。

エビを意識しすぎると、全体的にナチュラルな感じになりアピール力がなくなります。

これをどのようにアピール力を加えるのかが最大の難所でした。

上部はエビの甲羅を意識したナチュラルなカラーでありながらパールが混じり、腹部には正反対の蛍光オレンジを配色。

明暗をハッキリさせることで、真鯛の視覚にアピールします。

また、サイドにはゴールドホロを貼付け、エビの甲羅を意識したマークで塗装。

このカラーは上下だけでなくサイドからも明暗でアピールする最強のエビカラーです。

スカートもヘッド同様に、エビを意識したカラーを配色。

艶色オレンジ、触覚や脚をイメージした赤と黒のゼブラ、そして蛍光オレンジとナチュラルでありながらアピールさせています。

そしてネクタイは私の中で信頼度が高い「エビオレンジ」を採用しました。


<使用する状況>
ほぼ通年使えるカラーです。

強いのは、初夏〜秋にかけてエビが活発に動き出す季節にベストマッチです。

ナチュラルでありながらしっかりアピールするカラーなので、光量の多少や濁りのあるなしに関わらず真鯛を探すサーチベイトとして使用してみてください。

レッドゴールド同様、オールマイティーに使えるカラーです。

私の中では特に瀬戸内で有効なカラーだと思うので私は通称名を「瀬戸内シュリンプ」と名付けました。


■ゴールド


<カラーの説明>
オールゴールドを作るきっかけとなったのは九州の影響がとても大きいです。

船長が金メッキのネクタイを使用し、私の目の前で怒濤の釣果を上げました。

特に春の産卵シーズンには異常な強さがあり、食い気が立っている状況ではそのポテンシャルを最大限に発揮します。

スカートにはイカナゴールドを主体にレッド、ピンクをアクセントに配色。

ネクタイはイカナゴールドを採用し、ビンビン玉シリーズ最強のアピールカラーにしました。

このカラーの強さを教えてくれた九州に敬意を表し、私は通称名を「限界ゴールド」と名付けました。

限界を超えたアピールカラーであるという意味も込めています。


<使用する状況>
ディープエリア、産卵シーズン、朝夕のローライトな時間帯、濁りのある状況で使うと良いでしょう。

もちろん、九州以外でもその強さは実証されゴールドは今やオレンジや赤と同等のスタンダードカラーとなっています。

とにかくアピールさせた方が良い時、食い気がある時に使用するとガツンといった重々しいバイトがあるのもこのカラーの特長です。


さて、4種類のカラーについていろいろとお話させていただきました。

みなさん、ぜひこれらを使用し私がまだ見つけていないシュチュエーションでの強さやネクタイ、スカートのカラーチェンジをして自分だけのヒットカラーを探してみてください。

釣果はもちろん、使い方によっては私たちの想像力も無限大に膨らむカラーラインアップです。

さて、気になる発売は4月となります。

各色45gと60gのラインアップで、価格も現在のハイアピールバージョンと同じです。

ハイアピールバージョンの新カラーとして追加されます。

最後に今回のコラボカラーの企画を快諾し、私の強いこだわりを形にしてくださったジャッカルさんおよびご担当者の方にこの場を借りて御礼申し上げます。