鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラ、鯛ラバのブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ遊漁船の案内
ホーム > 釣り方の解説
鯛カブラ、鯛ラバの釣り方の解説
釣り方〜バーチカル
釣り方〜キャスティング
ロッドについて
リールについて
ラインについて
鯛カブラについて
スカートとネクタイについて
カラーについて
フックについて
アタリとフッキングについて
ファイトについて
オリジナル(自作)
鯛カブラの制作方法
オリジナルネクタイ
型紙ダウンロード
ビンビン玉チューニング
鯛カブラ便利アイテム
おいしく食べるために

鯛カブラ、鯛ラバの釣り方の解説
まず最初に「鯛カブラとはなにか?」を説明しましょう。

鯛カブラは長崎県や徳島県の漁業から発生したと言われる真鯛釣りの伝統漁法で、鉛玉(ヘッド)に数センチのハリスを付け、それにウタセエビなどの餌をつけ真鯛を釣る漁具です。

鯛カブラ
それが地域によっては、餌の代わりにビニールやラバーが用いられるようになりました。荷造用の何の変哲もないビニールヒモを細長く裂いたものや、薄いラバーをネクタイ状にしたものをフック(釣り針)を付けるだけものですが、真鯛がこれに非常に興味を示し素晴らしい釣果を得ました。

近年、この鯛カブラがゲームフィッシングとしての可能性が見いだされ、関西方面(明石や鳴門)から全国へ広がっています。名称も「鯛カブラ」「フラフラ」「鯛ラバ」など、地域や人によってそれぞれ呼び名が変わっています。(鯛カブラ.comでは「鯛カブラ」に統一しています)

鯛カブラも漁具から、一般的な名称の「ルアー」という認識になり、多数のメーカーが研究・開発したくさんの種類が出回っています。ヘッドは無塗装、丸形の鉛玉から綺麗に塗装され、丸形をはじめ平たいものや「く」の字に湾曲したものなどが販売されています。さまざまな形状は沈下スピードを重視したり、フラフラするアクションを生み出すための工夫です。

鯛カブラは、基本的に一定の速度で巻いて使用します。「ただ巻き」だけでヘッドに水流を受けて鯛カブラ全体がフラフラとダートしています。さらにネクタイやラバースカートがヒラヒラとなびいて真鯛を誘います。それらの動きには各メーカのテストや研究によって生み出されたこだわりが隠されています。

アンサー ビンビン玉
鉛製鯛カブラ
タングステン鯛カブラ

また、鉛よりも比重の重い「タングステン」を採用することで、鉛より小さいシルエットで底取りが早いというメリットを武器に、より釣果をもたらす素材として注目を浴びています。

鯛カブラ
一方、ビニールヒモやラバーの部分は、ラバーに統一され「ネクタイ(形状がネクタイに似ている)」と呼ばれるようになり、ストレートやカールしている形状がリリースされカラーも豊富になっています。ラバーの厚みもメーカーによって違います。

さらにネクタイだけではなく、シリコン製のスカートを装着するようになり、ブラックバス釣りで使用するラバージグやスピナーベイトのような感覚になってきています。このシリコン製のスカートは、フックとネクタイが絡むのを防ぐ役割もしています。

たくさんのメーカーが鯛カブラをリリースしているにも関わらず、共通していることがあります。それは「スカートがヘッドに対してほぼ水平である」ことと「ヘッドからケプラー系のハリスで小さなフックを装着している」ということです。ことにフックは、ルアーをやっている人なら「小さすぎるのでないか?」と思うでしょう。

しかし、真鯛は鯛カブラのラバー部分を吸い込むため、吸い込みやすいサイズのフック(一般的な真鯛針で10〜12号くらい)を釣れる真鯛のサイズに合わせて変えるのがベストではないかと思います。

鯛カブラ
天然の真鯛は主にカニやエビなどの甲殻類をはじめ、貝やゴカイ類、イカやタコ、ヒトデ、小魚などをさまざまなものを捕食しています。捕食しているものが1つで鯛カブラにヒットするのであれば、その1つものもに見えているのだろうと判断できますが、さまざまなものを捕食しているので特定は困難です。

鯛カブラ(ルアー)自体、生物界に存在する形状をしていないので「なにかの餌?」と例えるのは間違いかもしれませんが、ラバーを吸い込んで捕食している限り「真鯛が捕食しているもの、興味を示すもの」に見えていると思います。

またターゲットも幅広く、キスやマゴチ、ホウボウ、カサゴ、メジロ(ハマチ)、カンパチ、エソ、ベラ、タコ、イカなどさまざまな魚が釣れます。