鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラ、鯛ラバのブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ遊漁船の案内
ホーム > 釣り方の解説 > 鯛カブラについて
鯛カブラ、鯛ラバの釣り方の解説
釣り方〜バーチカル
釣り方〜キャスティング
ロッドについて
リールについて
ラインについて
鯛カブラについて
スカートとネクタイについて
カラーについて
フックについて
アタリとフッキングについて
ファイトについて
オリジナル(自作)
鯛カブラの制作方法
オリジナルネクタイ
型紙ダウンロード
ビンビン玉チューニング
鯛カブラ便利アイテム
おいしく食べるために

鯛カブラについて
単純ですが釣果のアップは、使用する鯛カブラのスペックに左右されます。

この釣りでまず、一番大事なのが底取り。これが明確かつスピーディーに分かることが大切です。この条件を満たすためには「タングステン製」であることです。

鯛カブラを始めたころは、鉛製しかなかったので当たり前のように鉛を使っていました。

もちろん、それでその当時は十分な釣果をもたらしてくれました。ただ、鉛を使って思っていたことは「水深が深くなればなるほど、重いカブラをチョイスするために引き抵抗が重いので、ディープの釣りがやりにくい」ということでした。

そんな中「タングステン鯛カブラ」が、今や主流となりました。

タングステンは、鉛に比べて比重が高い素材です。

鉛とタングステンの比重は鉛11.34に対し、タングステンは19.3。タングステンは、鉛に比べて約1.7倍重い計算です。

また、同じ重さでも鉛より約42%も小さいということになります。

要するに、タングステンは「鉛よりも小さいシルエットで重いヘッド」です。

「鉛より小さいシルエットで重いヘッド」がもたらすメリットは、フォールスピードが鉛に比べて速く、しかも引き抵抗が軽い。そして、鉛よりも硬いので、着底が明確です。また、その着底感の違いから根掛かりを回避しやすくロスト率も下がります。

一度タングステンのカブラを使用すると、その凄さがすぐに体感できると思います。

さらに着底のスピードアップは釣果アップにつながります。

鉛製の鯛カブラの場合 タングステン製の鯛カブラの場合
鉛では着底のスピードが遅いため
チャンスが少ない
タングステンは着底のスピードが速いため
チャンスが多い

水深による鯛カブラの重さの選び方ですが、

水深=g数 (例)水深60メートルなら60g

を基準に、潮流や風の影響を考慮し調整します。

着底が分かり、かつできるだけ軽いものを使うことがポイントです。


おすすめの鯛カブラ
ジャッカルビンビン玉 タングステン素材の鯛カブラでおすすめは、ジャッカルの「ビンビン玉」。45g、60g、80g、100gを水深や潮流速度にあわせて使います。「ビンビン玉Type零(ゼロ)」は、50g、60g、70gがあります。ネクタイやスカートのカラーローテーションやフックの交換がしやすい「クイックスプリング」を採用し、カラーローテションやフックの交換がスピーディーに行えます。さらにフックを簡単に交換できるチューニング方法はこちらをご覧ください。


その他のおすすめ鯛カブラ
■SHIMANO
炎月[えんげつ](鉛/タングステン)
炎月 十六夜[えんげつ いざよい](鉛)

■シャウト!ファイッシャーマンズツール
アンサー(鉛)

■デュエル
ソルティーラバー(鉛)

■ハリミツ
ラバラバTG(タングステン)
ラバラバ(鉛)

■MIZUAGE
フラフラッシュ


鯛カブラ収納ケース
ARMS FACTORY・鯛ラバ専用ケースM